特徴 - 重要な機能を解説

Rencayテクノロジーをベースにした製品としてRencayデジタイゼーションシステムとRencay DiRECTカメラシステムがあります

画質の特徴

高画素、微小なディテール、モアレフリー、正確なカラー、ハイダイナミックレンジ

Rencayエンジニアリングとデザインはウェブサイトの テクノロジー のセクションで説明します。高画素イメージファイルに加えてでディテール、テキスチャー、特質を高精度に撮影することが重要です。特にオリジナルの複雑なプリントパターン、金属の表面を完全に捉え撮影します。

⇨ 優れた色再現と自然なグラデーション (オリジナルの状態に関わらず)

⇨ 微小なディテールも (プリントラスター、金属の表面 etc.)

⇨ 真にRGB 48Bitをスタンダードに (画質を必要に応じて制御)

⇨ 必要に応じた画素数(特大サイズも余裕で対応)

左の写真は金属製の彫刻ですがアーティストはデジタルカメラで正しく撮影できるか不安でした。

正確は色再現とカラーマネージメント

カラーチャートのディテール

可視光線のスペクトラム-カラーマッチングワークフロー:異なる光線から生じるカラーは標準のRGBカラースペースに可能な限り正確にトランスファー

カメラシステムに加えてカラーマネージメントワークフローは光源やオリジナルの特徴にも関わる重要な役割を担っています

 

⇨ 高精度なスキャニングにはカラーマネージメントワークフローは欠かせません

Rencay テクノロジー により微小なディテールだけでなく僅かなグラデーションも正確に撮影するための理想的なシステムが実現しました。カラーマネージメントワークフローやICCカラーマネージメントによりオリジナル通りスキャンできるだけでなくワークフローはコンスタントで高精度で出力までをカバーします。

ICC Color カネージメントワークフロー

カラーマネージメントワークフローはそれに適したカラーチャートとスペクタクルデータを比較しICC プロファイルを作成します。ICCプロファイルは設定されたカラースペースに変換するために使用されます。

是非、正しいカラーチャートと最適なプロファイリングソフトウェアを入手されることをお勧めします。撮影された画像はマスターTIFFで保存しDFGスタンダードあるいはMetamorfozeやFADGI等の標準に準拠されることをお勧めします

カラーマッチングワークフロー

このワークフローは光源やカメラシステムを含める撮影時のテクニカルデータを使用し設定されたカラースペースに変換します。オリジナルのカラー情報を追記することで結果はさらに改善します。

このワークフローはファインアートの撮影に特に適しています。現代のファインアートの分野では彩度の高いカラーが高頻度に使用され、そのケースではカラーマッチングワークフローを使用しRGB カラースペースに移すことが理想的です。

仕様に応じたカラーマッチングワークフローがコンポーネントを選ぶ際、必要とされます。

シェーディング補正とライト調整

⇨ 均一なライティング

均一なライティングは完全な複写撮影に欠かせない要素です。基本的にRencay のシェーディング補正ツールはライトの位置やレンズの光量落ちにより生じるライトの不均等を補正する機能です。使用しやすい機能性により全ての撮影で撮影エリア全体にライトが補正されます。

⇨ ストラクチャライティング

被写体であるオリジナルの中でもペイントのテクスチャや風合いにより、それを際立たせるために非対称のライティングが必要とされる場合があります。ライトは求めるイメージを得るためにマニュアルで設定したりライトの光量をリモートで調整したりします。

⇨ フリーライティング調整

ライトの配置により被写体に対して光量が不均等になりますがシェーディング補正ツールで容易に補正することができます。白色のリファレンスカードファイルを作成し、それを適用するだけで補正できますこのツールはテクスチャ、紙のストラクチャ、反射物、金のレタリング、アクセント等を撮影する際に便利です。

RenView (レンビュー)ソフトウェア

シェーディング補正はReViewソフトウェアに完全に組み込まれていて特別な設定、クロップしたエリアをJob Manager内に保存し必要な際、いつでも使用することができます。

最終的な調整

困難な撮影、例えば密度の異なる大量のガラス板の撮影などではスキャン画像を検証する際にここの露出設定を調整する必要があります。

⇨ 画質をすぐに確認する

⇨ TIFFマスターファイルに設定を適用する

再度イメージをスキャンせずにイメージデータはコンピューターのRAMに保存されているので調整はRenViewソフトウェアで可能です。スキャンする前に完全な設定をする必要がありません。シンプルに明度やコントラストは調整可能です。納得できるイメージに調整後幾つかのバリエーションをTiffまたはRAWフォーマットで保存しRenViewソフトウェアであればRAWファイルを後で再度調整することも可能です。

パラレリズムとディストーションフリー

シンプルなツールで被写体と撮影面のパラレリズムを調整できます。パラレリズム(平行性)はキーストーン歪曲防ぎすみずみをシャープネスに捉えるために必要です。

⇨ シンプルに最適なカメラポジションをみつける(困難なケースでも)

⇨ 確実にクオリティを維持する (いつでにチェックできるように)

Rencay Scan ユニットの”パーフェクトフォーカス(Perfect Focus)”オリジナルを使用すれば完全にフラットでないケースや3D 構造の被写体であっても最適なレベルでシャープネスを確保することができます。

Define Output Resolution and Perfect Focus Functions

出力サイズの設定とパーフェクトフォーカス機能

Rencay スキャンユニットであれば撮影サイズ、出力サイズ、被写界深度全てが制御可能です。パーフェクト・フォーカス機能は2つの異なるフォーカスのレベルを比較し理想的なシャープネスに調整することを可能にします。マニュアルで設定しコンピューター、もしくはカメラのボタンからミリ単位で調整することが可能です。

⇨ ドキュメントサイズを変更した場合も簡単に調整

⇨ パーフェクトなシャープネスを分析

全てのカメラ機能はRENVIEWソフトウェアで容易に制御できます

再現性の高いワークフロー

デジタイズワークフローは標準的なステップやカスタム化したステップでも常にリピート可能です。結果は常に一定でリピータブルです。

⇨ 再現可能なワークフローでクオリティを確保

全ての複写作業で、特に本や書籍の複写では最初から最後のページまでそのプロジェクトが何年とかかる場合でも一定のクオリティを保つことが要求されます。

システムインテグレーションとモジュラリティ

RencayのDiRECTカメラシステムはデジタルカメラ以上にカメラ単体でもカメラスタンドと連動しても使用できます。特別な用途に合わせ改造、拡張し完全なデジタルシステムの中心となります。ライティングのコントロール、フットペダル、スキャンを制御する外付けのシグナル等と同様に既存のコピーフォルダー、バキュームウォールと連動し使用することもできます。

⇨ モジュラーとフレキシブルシステム

⇨ 簡単に使える

Rencayの既存のデジタルシステムは用途に合わせて改造、拡張することができます。ライティングのコントロール、フットペダル、スキャンを制御する外付けのシグナル等と同様に既存のコピーフォルダー、バキュームウォールと連動し使用することもできます。

Rencay フラッシュフォーカス

Rencayフラッシュフォーカス・プロジェクションシステムはシャッターカバーに埋め込まれ8k³, 12k³ と 16k³モデルに搭載されています。4つのフラッシュライトがカメラのレンズを通して撮影するエリアを表示します。カメラを通して目視する必要性がないので以下の点で便利です。

⇨ フォーカス調整

⇨ 撮影エリアの調整

⇨ オリジナルのポジションを決める

フラッシュフォーカスはRencayスキャンバックとビューカメラを使用する際は特に便利です。Rencay DiRECTカメラシステムを使用すれば”パーフェクトフォーカス”を使用しシンンプルで正確に調整できます。