最大の特徴

トライリニアテクノロジーにより各ピクセルに対して赤-緑-青のすべての情報をスキャン時に重ねることで撮影する被写体の情報を48ビットの色深度で取り込むことが可能。この技術により最大で解像度1248Mピクセルの画像ファイルを生成できます。

従来のDSLRや中判のようなデジタルカメラシステムはベイヤーマトリックスセンサーを使用したワンショット撮影を使用します。このシステムでは各ピクセルには1色のみ取り込みます。つまりベイヤーrawイメージはピクセルに3色の情報を与えるために複雑なアルゴリズムを駆使して現像もしくは補完しなければなりません。50%でグリーン、残り25%ずつを赤と青として関連する色を再構築します。結果は配列、コントラスト、イメージのコンテンツとの適合性などにより左右されます。

デジタルカメラとの違い

間近で見ると異なる方法で明らかな差が出ることがわかります。

テストチャートを使用したシンプルなクオリティの比較が表示されています。このチャートはこちらから入手頂けます。

Rencay テクノロジー: マルチスキャン

マルチスキャンテクノロジー

Rencayのユニークなマルチスキャンは連続して高精度にX、Yの両軸エリアに動作します。結果としてRencayのトライリニアスキャナーで捉えたベース情報を超越した圧倒的な解像度に到達します。

テクノロジー最大解像度
8k³8000 x 13000 Pixel RGB 3億1200万画素に相当
16k³16000 x 26000 Pixel RGB 12億4800万画素に相当
24k³24000 x 39000 Pixel RGB 28億800万画素に相当

Rencayシステムが生成するイメージは色域、トーン、グラデーション、詳細な筆跡や紙の質感を高精細に捉え、通常のデジタルカメラがトーンや色を造成したり画素貼り合わせる手法とは全く異なる次元の結果を示します。大判の素材を高解像でデジタル化する必要があるケースやオリジナルのディテールを忠実に取り込む必要がる撮影にはRencayテクノロジーが理想的な撮影システムと言えます。

Rencayテクノロジーを解説します

1300M ピクセル(13億画素)のミュンヘンのパノラマ写真はBenjamin von Kreutzbruckにより撮影されました。