使用事例 – Rencayデジタルシステムは公共団体、撮影サービス、産業用途と広く使用されています

Rencayシステムはフレキシブルでモジュラリティにすぐれ、その可能性は広範囲にわたります。Rencay製品のすぐれた性能が想像と創造溢れるフォトグラフックイメージをもたらします。こうやって使ってみたい?ぜひご連絡ください。

ファインアート – 圧倒的なプリントのための高画質スキャン

デジタル化したプリントからのディテール はこちら ギャラリーに行く…

ファインアートの分野ではディテールと色再現の正確性が要求されます。

カラーマネージメントワークフローとRencay システムの信頼できる色再現性によりファインアートの分野ではオリジナルのプリントを複写するパーフェクトなシステムとして使用いただけます。

 

RenViewソフトウェアにはパーフェクトな複写に必要なシェーディング補正機能(Shading Correction)があります。ライティングの設定やレンズ自体から生じる光量落ちだけでなくオリジナルの素材や被写体を際立たせるためサイドからのライティングにより生じる光を適正に補正します。

 

コンプリートシステムに加えて既存のシステムに組み入れる個々のコンポーネントでもご使用いただけます。詳細はこちらから問い合わせください。

最適なデジタルソリューション さらに読む…

文化財のアーカイブ、美術館、ライブラリーのデジタイゼーション

デジタイゼーションは文化的な職務となりつつあります。保存するためでなく科学や調査目的のよととしても重要性を増しています。今日までに過小評価されていた奥深く保管されてい重要品が関係者の目に届くようになりました。

様々なソリューションとコンポーネントが文化財のデジタル化のために入手できDFG、FADGI、METAMORFOZEのガイドラインに沿ったワークフローが可能になりました。

Detail of the Gutenberg bible, Göttingen (Martin Liebetruth, GDZ) Go to Gallery…

Insertion card from an old atlas with many details Go to Gallery…

Map Olympic Games Munich 1972 Go to Gallery…

長期間に渡る文化財のデジタル化には色、ディテール、オリジナルの構造を正確に再現しなくてはなりません。Rencayは今後何世紀に渡り存在できるクオリティをもつデジタル画像を容易に高画質で取り込むことができるソリューションを提案します。用途に応じて任意の出力サイズを選択しながら連続して安定的に作業し複写時の生産性を上げるための自動機能が搭載されています。DPIやオリジナルフォーマットに沿って容易に調整可能可能でDFG、FADGI、METAMORFOZEのガイドラインに沿ったワークフローの構築も可能です。

ブック・デジタイゼーション(書籍のデジタル化)

貴重な書籍は適切なドキュメントフォルダーを使用し300dpiの高解像度でデジタル化される必要があります。最初から最後までのページで安定したクオリティが求められます。

最大DIN Aoサイズをアーカイブ撮影

切手サイズからDIN A0 までの撮影をカバーします。Rencay DiRECTシステムは専用スタンドを含みその使用はシンプルでコンスタントにハイクオリティな複写撮影を可能にします。

 

DIN Ao 以上のサイズのアーカイブ撮影

簡単な操作により大サイズのドキュメントを垂直に撮影できます。アプリケーションに応じてバキュームウォール、静電フレーム、カードフォルダー、マグネティクフォルダーがサイズに応じて使用できます。使用しているイーゼル、バキュームウォールやドキュメントフォルダーとも併用して自動化のシステムに組み込むこともできます。システムに制限はなく大サイズのオリジナル撮影には特殊な器具も使用できます。Rencay DiRECTシステムは4xDIN Ao サイズを300dpiで取り込むことも可能です。

 

モジュラリティとモビリティ

システムはモジュラーで、そのフレキシビリティに加えてローケーションでの撮影にも対応したシステムです。

開口部の狭い大サイズの書籍のデジタル化さらに読む…

DIN A0フォーマットデジタルソリューションに関してさらに読む…

最大で4xDIN A0サイズまで対応可能なフォルダーと組み合わせることだ可能なオートマチックスタンド

詳細はこちら…

ガラス板、スライド、フィルム等のデジタル化

ガラス板、大判ネガフィルム、航空測量を撮影する場合は高密度でデジタル化する必要だけでなく特別な取り扱いで高画素で取り込む必要がありあます。

レストアされたガラスネガ (Markus Nemitz, LVR, Düsseldorf, Germany) ギャラリーに行く…

歴史的なクオリティの高いトランスペアレント(ガラス板、スライド、フィルム等)のデジタル化は高度のイメージ処理が必要とされます。理由としては広範囲に及ぶ密度のばらつきが存在しているケースが多いからです。48ビットのRencay DiRECTカメラシステムのワークフローはスキャン時にダイレクトに密度の調整を加えることが可能です。その作業ステップは保存し再度使用することが容易です。ネガを48ビットTIFF RGB(モノクロも同様に)でアーカイブすることを推奨します。

ガラス板、スライド、フィルム等の撮影のための拡張可能なデジタルソリューションさらに読む…

ドキュメンテーション、産業向け品質管理、調査用途

HRSC Mars Express space craft(火星探査スペースクラフト): Multichip module 1993 ギャラリーに行く…

Rencay DiRECT カメラシステムの驚異的な詳細なディテールを取り込む性能は産業用のドキュメンテーション、品質管理、犯罪調査の分野でも使用も可能です。生産性の高いワークフローはシェーディング補正など不要な光の影響を受けずに安定しクオリティの高い撮影を保証します。トライリニアスキャニングメソッドにより詳細なディテールの部分でもモアレは起こらずコントラストの低い被写体もドキュメント化することができます。フレキシブルなシステムにより異なるタイプのオリジナルも高速に容易に撮影できます。

被写体深度の深いマクロ撮影のためのデジタルソリューションさらに読む…

デコール産業 – 広範囲に及ぶマタリアルをデジタル化

研磨されたスティール製のファインアート作品 (JürgenSeidel) Go to Gallery…

究極のディテールの再現性が求めらる装飾品の複写も利用できます。シェーディング補正は特徴的な構造を強調しながら均一なライティングを可能にします。またフラッシュフォーカスはイメージの撮影するイメージのサイズを的確に捉えることを可能にします。この2つの機能によりオーバーサイズのオリジナルを完璧に繋ぐことができます。わかりやすいカラーマネージメントワークフローにとトライリニアスキャニングにより完璧に色が再現されます。用途に応じて選べるフォルダーと使用することでトラブルフリーのデジタル撮影が可能になります。

複写台にマウントされたRencay DiRECT カメラシステム さらに読む…